日本医学放射線学会にて医局員発表

2019年04月16日

4月11日(木)~14日(日)、横浜において、第78回日本医学放射線学会総会が開催され、今年も多くの医局員、研修医、学生が参加しました。

2日目のシンポジウムにおいて、大西教授と本杉准教授が講演を行っています。

医局員の発表は以下の通りです。

 

夜は、いつものように有志で集まり賑やかなひと時を過ごしました。

 

講 演

【シンポジウム1】
大西 洋教授:「放射線治療の医療安全」

【シンポジウム4】
本杉宇太郎准教授:「NAFLD/NASHとMRエラストグラフィ」

 

一般演題(口頭)  発表順 

齋藤正英物理士:「Radiation Therapy (photon/electron) 8 (Motion management) Evaluation of correlation between body-surface motion and tumor motion during breathholding radiotherapy for lung cancer(日本医学物理学会)

佐藤貴浩先生:「Focused MRI Protocol for Rapid Screening of HCCs in Patients with Chronic Liver Disease: a Feasibility Study(慢性肝疾患患者におけるMRI短縮プロトコールによる肝癌スクリーニング: feasibility study)」*英語発表

長田先生発表

初めての発表!長田先生

長田紀晃先生:「肝拡散強調像におけるPOCS再構成および重み付け信号加算の有用性」

 

萬利乃寛先生:「Nivolumabと胸部病巣に対する定位照射の併用療法に関する臨床第Ⅰ相試験」

 

一般演題(ポスター)

小宮山貴史先生:「腫瘍径3cm超の非小細胞肺癌に対する体幹部定位放射線治療成績」

今泉 瑛先生:「門脈大循環短絡に対してAmplatzerTM Vascular Plug を用いて塞栓術を施行した4例」

 

教育展示

斉藤彰俊先生:「多角的にとらえる転位・過剰気管支」

 

夜の懇親会風景