和文誌・著書

和文誌・著書

 

2017

和文論文

著書

  1. 大西洋,唐沢久美子,唐沢克之 編集 :がん・放射線療法2017:がん・放射線療法 改訂第7版学研メディカル秀潤社, 2017.

総説・その他

  1. 市川新太郎, 本杉宇太郎:特集 症例から学ぶMRIの基礎-臨床に直結する知識- 上腹部. 画像診断, 37 (1): 50-58. 2017.
  2. 清水辰哉, 本杉宇太郎, 近藤哲夫:画像診断と病理 肝間葉系過誤腫. 画像診断, 37 (1): 4-5. 2017.
  3. 清水辰哉, 本杉宇太郎, 近藤哲夫:画像診断と病理 海綿状血管腫(一部硬化型). 画像診断, 37 (2): 114-115. 2017.
  4. 清水辰哉, 本杉宇太郎, 近藤哲夫:画像診断と病理 分葉状頸管腺過形成. 画像診断, 37 (3): 248-249. 2017.
  5. 清水辰哉, 本杉宇太郎, 近藤哲夫:画像診断と病理 胆管内乳頭状腫瘍 . 画像診断, 37 (5): 350-. 2017.
  6. 市川新太郎:稀な充実性膵腫瘍. 画像診断, 37 (5): 429-440. 2017.
  7. 清水辰哉, 本杉宇太郎, 近藤哲夫:画像診断と病理 線維莢膜細胞腫. 画像診断, 37 (6): 504-505. 2017.
  8. 市川新太郎:<内科医のための画像診断エッセンス>(第13回)産婦人科領域の急性腹症を画像検査で診断する①. Medical Practice, 34 (4): 693-695. 2017.
  9. 市川新太郎:<内科医のための画像診断エッセンス>(第14回)産婦人科領域の急性腹症を画像検査で診断する②. Medical Practice, 34 (5):869-871. 2017.
  10. 栗山健吾:-肝臓疾患(特に肝細胞がん)の診断から治療まで- 11. 肝細胞がんの治療 3~放射線療法~. 日本放射線技術学会雑誌, 73 (5): 411-422. 2017.
  11. 清水辰哉, 本杉宇太郎, 近藤哲夫:画像診断と病理 結節性筋膜炎. 画像診断, 37 (7): 622-623. 2017.
  12. 市川新太郎:<内科医のための画像診断エッセンス>(第15回)産婦人科領域の急性腹症を画像検査で診断する③. Medical Practice, 34 (6): 1055-1057. 2017.

2016

和文論文

  1. 陳喆, 萬利乃寛, 栗山健吾, 小宮山貴史, 大栗実彦, 大西洋, 野中穂高, 高橋弘, 佐谷健一郎, 鈴木俊博, 望月公二:既照射野内の肺門・縦隔リンパ節再発へのサイバーナイフ治療. 山梨肺癌研究会会誌, 29: 2016.

 

著書

  1. 清水辰哉, 本杉宇太郎:胆嚢・胆管 9. 胆嚢内膜の断裂・不連続性, 10. 単純CT 胆嚢内の低・等吸収結節,11. 単純CT 胆嚢内の高吸収,12. 単純CT 胆管内の高吸収. Key所見からよむ肝胆膵脾の画像診断 胆膵脾編 (村上卓道 監修). メジカルビュー社, 2016.
  2. 市川新太郎:膵臓 10. 多発性膵腫瘤, 11. 主膵管内や静脈内腫瘍栓,12. 膵周囲脂肪濃度上昇,13. 単純CT 高吸収. Key所見からよむ肝胆膵脾の画像診断 胆膵脾編 (村上卓道 監修). メジカルビュー社, 2016.

 

総説・その他

  1. 市川新太郎:特集/肝硬変を理解する-分子機構から実臨床に至るまで- Ⅳ. 診断 5. コンベンショナルイメージング(CT・MRI). 肝胆膵, 73 (6): 1110-1118. 2016.
  2. 荒木拓次:基礎講座-肝臓疾患(特に肝細胞がん)の診断から治療まで- 9.肝細胞がんの治療1 ~TACE~. 日本放射線技術学会雑誌, 72 (10): 1039-1048. 2016.
  3. 市川新太郎:明日の臨床に向けた撮像法の実際 6. 最新の高速撮像法を用いた肝ダイナミックMRIの臨床経験. INNERVISION, 31 (9): 23-25. 2016.
  4. 大西洋:【放射線治療-最近の動向と展望】 I期非小細胞肺癌に対する定位放射線治療. カレントテラピー, 34 (5): 436-441. 2016.
  5. 本杉宇太郎:特集 Academic 領域で仕事をする. JCRニュース(日本放射線科専門医会・医会誌), 210: 7. 2016.
  6. 清水辰哉, 本杉宇太郎:マルチモダリティによるAbdominal Imaging 2016 Ⅰ肝 2. 早期肝細胞がんの診断. INNERVISION, 31 (5): 6-8. 2016.
  7. 市川新太郎, 大森真紀子:子宮筋腫に対するMRガイド下集束超音波治療(FUS). 画像診断, 36 (7): 689-697. 2016.
  8. 大西洋:なぜ今,「放射線照射後の画像診断なのか」. 臨床放射線, 61 (4): 513-515. 2016.
  9. 大西洋:〈泌尿器科臨床への応用〉泌尿器科領域における定位放射線治療の応用. 臨床泌尿器科, 70 (9): 666-672. 2016.
  10. 清水辰哉, 本杉宇太郎:肝胆膵脾 肝臓の変形. 画像診断, 36 (9): 876-877. 2016.
  11. 清水辰哉, 本杉宇太郎:肝胆膵脾 肝臓のびまん性高吸収域. 画像診断, 36 (9): 878-879. 2016.
  12. 市川新太郎:特集/肝硬変を理解する-分子機構から実臨床に至るまで- Ⅳ. 診断 5. コンベンショナルイメージング(CT・MRI). 肝胆膵, 73 (6): 1110-1118. 2016.
  13. 大西洋:山梨医学会誌30周年に寄せて. 山梨医科学雑誌, 31 (2): 37-38. 2016.

 

2015

和文論文

  1. 斉藤彰俊, 大栗実彦, 清水辰哉, 野中穂高, 冨永理人, 小宮山貴史, 栗山健吾, 大西洋:肺癌定位放射線治療において間質性変化は重篤な肺障害のリスクとなりうるか?山梨肺癌研究会会誌, 28: 14-18. 2015.
  2. 掛川貴史, 本杉宇太郎, 池長聰, 熊谷博司, 佐藤兼是, 坂本肇, 市川智章:MR Elastographyによる肝弾性率測定における腹水の影響 ファントムを用いた基礎的検討. 日本磁気共鳴医学会雑誌, 35 (2): 29-34. 2015.
  3. 岡田大樹, 荒木拓次, 木村一史, 大西洋:バルーン閉塞下でのNBCAによる血管塞栓術の検討. 臨床放射線, 60 (13): 1751-1755. 2015.
  4. 荒木拓次, 岡田大樹, 大西洋:肝性脳症に対する門脈大循環短絡路塞栓術の治療効果と肝機能変化. 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 21 (1): 66-68. 2015.

著書

 

総説・その他

  1. 大西洋:【癌治療この10年(2004〜2014年)、そして未来への展望】 放射線領域 リニアック治療の現状と将来 浮き彫りになった課題. 癌の臨床, 60 (6): 627-635. 2015.
  2. 大西洋:平成26年第3回「市民のためのがん治療の会」講演会要旨(2). News letter 市民のためのがん治療の会, 12 (45): 4-5. 2015.
  3. 佐野勝廣, 原留弘樹:エキスパートによるRSNA 2014 ベストリポート MRIの最新動向 MRI全般の最新技術動向. INNERVISION, 30 (2): 23-27. 2015.
  4. 佐野勝廣:AIRP (American Institute for Radiologic Pathology) 参加報告. 2015 JCR ニュース(日本放射線科専門医会・医会誌), 204: 11-13. 2015.
  5. 清水辰哉, 佐野勝廣, 市川智章:【最新肝癌学-基礎と臨床の最新研究動向-】 肝癌の検査・診断 画像診断 MRI 肝細胞特異性造影MRI(EOB-MRI)による肝細胞癌の画像診断. 日本臨床, 73 (増刊1 最新肝癌学): 554-558. 2015.
  6. 大西洋:画像診断医のためのoncologyのキモ-先端的放射線治療の説明を交えて-. 臨床画像, 31 (8): 980(56)-992(68). 2015.
  7. 市川新太郎, 本杉宇太郎:今話題の疾患 update-腹部編- 膵管内管状乳頭状腫瘍(ITPN)の画像診断. 臨床放射線, 60 (8): 985-990. 2015.
  8. 小宮山貴史, 板澤朋子, 玉置幸久, 西村恭昌, 中山優子, 伊藤宏之, 大出泰久, 楠本昌彦, 板井修二, 鈴木健司, 渡辺裕一, 淺村尚生:肺癌放射線治療計画のためのリンパ節部位のCTアトラス. 肺癌, 55 (4): 189-205. 2015.(委員会報告)
  9. 小宮山貴史:高線量ピンポイント照射に体内移動対策をプラス. Medical ASAHI, 44 (10): 20-21. 2015.
  10. 大西洋, 栗山健吾, 小宮山貴史, 大栗実彦, 野中穂高:体幹部定位放射線治療の新展開-肺・肝以外の悪性腫瘍に対する保険適応拡大の模索. Rad Fan, 13 (14): 48-51. 2015.
  11. 大西洋:低侵襲がん放射線治療の開発と普及への挑戦-患者さん中心のがん診療を目指して-. 山梨医科学雑誌, 30 (2): 29-36. 2015. (教授就任特別寄稿)
  12. 本杉宇太郎, 山口浩:病理から理解する画像所見 膵solid pseudopapillary neoplasm. 画像診断, 35 (10): 1325-1335. 2015. 
  13. 清水辰哉, 佐野勝廣, 市川智章:特集:胆嚢・胆管と膵臓の画像診断update:病理・画像・治療のtriangle 膵臓疾患の画像. 臨床画像, 31 (11): 1350(66)-1361(77). 2015.
  14. 大西洋:総論 放射線治療の進化と課題 施設の成長と歩みをともにするための放射線治療の現状と課題. 新医療, 42 (12): 28-32. 2015.
  15. 大西洋:【がん放射線治療の最前線】 定位放射線照射の適応と治療成績. 日本医師会雑誌, 144 (2): 245-249. 2015.

 

2014

和文論文

  1. 野中穂高, 冨永理人, 栗山健吾, 小宮山貴史, 大栗実彦, 今泉瑛, 大西洋:悪性胸膜中皮腫へのTomoTherapy 治療経験 山梨肺癌研究会会誌, 27: 12-16. 2014.
  2. 冨永理人, 大西洋, 野中穂高, 齋藤亮, 栗山健吾, 小宮山貴史, 大栗実彦:照射技術の進歩による特異的な照射後変化 強度変調放射線治療. 画像診断, 34 (9): 997-1006. 2014.
  3. 大宮慶惠, 佐野勝廣, 松田政徳, 中野雅行, 中澤匡男, 市川智章:早期肝細胞癌との鑑別に苦慮したアルコール性肝過形成結節の1例. The Liver Cancer Journal, 6 (2): 8(76)-13(81). 2014.

著書

  1. 大西洋: 放射線治療関連機器の現状と将来展望-浮彫になった課題. 医療機器システム白書2014-2015年版 ( 月間新医療編集部). エム・イー振興協会, pp.184-187. 2014.
  2. 本杉宇太郎, 市川新太郎: 第2章 肝, 脾 03 最先端MRI診断法. 新腹部画像診断の勘ドコロ ( 高橋雅士監修・兼松雅之編集). メジカルビュー社, pp.107-114. 2014.
  3. 佐野勝廣, 市川智章:肝造影検査Update 2014 非硬変肝に生じる肝細胞性腫瘤. 画像診断, 34 (7): 720-726. 2014.
  4. 佐野勝廣, 市川智章:第2部第3章 EOB-MRI による早期肝細胞癌と前癌病変の鑑別. 肝疾患Review 2010-2011 (小俣政男監修). 日本メディカルセンター, pp.194-198. 2014.
  5. 佐野勝廣, 市川智章:3. 肝腫瘤性病変. 腹部のMRI 第3版 (荒木力編集). メディカル・サイエンス・インターナショナル, pp.59-123. 2014.
  6. 佐野勝廣, 市川智章:CT 造影理論のエッセンス. medicina 2014 増刊号 CT・MRI‶戦略的”活用ガイド 医学書院, pp.56-63. 2014.

総説

  1. 佐野勝廣, 本杉宇太郎, 横田雄大, 深澤光晴, 中澤匡男, 森阪裕之, 市川新太郎, 市川智章:連載 ちょっと気になる胆・膵画像-ティーチングファイルから-(第19回) 十二指腸下行脚に潰瘍を伴う隆起性病変として認められた腺房細胞癌の1例. 胆と膵, 35 (1): 1-4. 2014.
  2. 大西洋, 大友邦:特集 放射線照射後の画像診断 序説. 画像診断, 34 (9): 971. 2014.
  3. 市川新太郎, 本杉宇太郎, 市川智章:消化器MRIの読み方 MR elastography. 臨牀消化器内科, 29 (10): 1393-1397. 2014.
  4. 大西洋:「最新照射技術は最良か?」-総論的考察. 新医療, 41 (12): 36-38. 2014.
  5. 清水辰哉, 佐野勝廣, 市川智章:膵癌,腫瘤形成性膵炎の鑑別. 臨床画像, 30 (12): 1310(26)-1319(35). 2014.
  6. 大西洋:リニアック治療の現状と将来-浮き彫りになった課題-. 癌の臨床, 60 (6): 627(49)-635(57). 2014.

2013

和文論文

  1. 佐藤葉子, 市川智章, 南部敦史, 本杉宇太郎, 佐野勝廣, 篠原豊明, 荒木力:肝原発paragangliomaの1例. 臨床核医学, 46 (1): 2-4. 2013.
  2. 井垣浩, 大西洋, 中川恵一, 茂松直之, 根本建二, 西村恭昌, 平岡眞寛:外来放射線照射診療料運用の実態 日本放射線腫瘍学会アンケート調査結果の解析. 臨床放射線, 58 (2): 364-371. 2013.
  3. 佐野勝廣, 市川智章, 曺博信, 森阪裕之, 本杉宇太郎, 市川新太郎, 相川良人, 弓削誠:Visual Analog Scale ( VAS) を用いた診断確信度と疲労度の評価;日常診療下の腹部造影CT検査における造影剤投与量の影響. 映像情報Medical, 45 (13): 1110-1112. 2013.
  4. 市川新太郎, 山本琢水, 松山緑, 福地一樹, 中島信明:仙骨前類表皮嚢胞から発生した扁平上皮癌の1例. 臨床放射線, 58 (12): 1774-1778. 2013.
  5. 須釜裕也, 大西洋, 栗山健吾, 前畠良康, 冨永理人, 大栗実彦, 佐野尚樹, 芦沢和成, 荒木力:高精度放射線治療のピットフォール  SBRTのピットフォール 息止め法のIM、SMの設定について. 臨床放射線, 58 (5): 691-698. 2013.
  6. 青木真一, 大西洋, 高橋弘:非小細胞肺癌の放射線治療後局所再発に対してサイバーナイフ治療を行った一例. 山梨肺癌研究会会誌, 26: 35-37. 2013.
  7. 大栗実彦, 大西洋, 栗山健吾, 青木真一, 齋藤亮, 荒屋正幸, 前畠良康, 萬利乃寛, 小宮山貴史, 佐野尚樹, 荒木力:肺癌定位放射線治療における間質性陰影の影響の検討. 山梨肺癌研究会会誌, 26: 40-43. 2013.
  8. 渡部伊織, 大西洋, 齋藤亮, 萬利乃寛, 犬塚秀康, 神家満学, 武田正之, 荒木力:腎細胞癌原発巣に対して体幹部定位放射線治療を施行した5例. 臨床放射線, 58 (9): 1231-1236. 2013.
  9. 渡部伊織, 萬利乃寛, 本多隆行, 深澤一裕, 宮下義啓, 栗山健吾, 大西洋:当院における肺小細胞癌に対する予防的全脳照射(PCI)についての検討. 山梨肺癌研究会会誌, 26: 30-33. 2013.

著書

  1. 市川新太郎, 市川智章, 荒木力: 膵. 画像診断臨時増刊号 悪性腫瘍の病期診断-治療法と予後の分岐点を見極める (大友邦編). 学研メディカル秀潤社, pp 117-129. 2013.
  2. 佐野勝廣, 藤井秀樹:Ⅱ章 肝胆膵の画像診断. 消化器外科学レビュー 2013-’14 -最新主要文献と解説-(渡邊昌彦, 國土典宏, 土岐祐一郎監修). 総合医学社, pp.244-248. 2013.
  3. 佐野勝廣, 市川智章:第7章 EOB-MRIの早期肝癌と異型結節(DN)の鑑別診断能EOB-MRIによる早期肝癌の診断能(1)手術標本との対比. EOB-MRI/Sonazoid 超音波による肝癌の診断と治療 (工藤正俊, 國分茂博編). 医学書院, pp.125-131. 2013.
  4. 佐野勝廣:消化器 肝嚢胞性病変を見た場合,良悪性の鑑別に有用な画像検査は何か?画像診断ガイドライン 2013年度版 (日本医学放射線学会, 日本放射線科専門医会・医会編). 金原出版, pp.258-259, 2013.
  5. 本杉宇太郎:消化器 限局性結節性過形成(FNH)の確定診断にどの画像診断法を推奨するか?画像診断ガイドライン (2013年度版日本医学放射線学会, 日本放射線科専門医会・医会編). 金原出版, pp.262-263. 2013.
  6. 大西洋:Ⅹ肺癌の治療戦略 放射線治療 肺癌に対する定位放射線治療. 最新肺癌学-基礎と臨床の最新研究動向-. 日本臨牀社, pp.502-505. 2013.
  7. 本杉宇太郎:体幹部拡散強調像:撮像の基本からIVIMモデルまで. これでわかる拡散MRI 第3版 (青木茂樹・阿部修・増谷佳孝・高原太郎 編). 学研メディカル秀潤社, pp.98-99. 2013.
  8. 本杉宇太郎:肝臓IVIMイメージング. これでわかる拡散MRI 第3版 (青木茂樹・阿部修・増谷佳孝・高原太郎 編). 学研メディカル秀潤社, pp.446-447. 2013.
  9. 本杉宇太郎:拡散強調像:IVIM. MRI応用自在 第3版 (高原太郎 監修, 高橋光幸・中村理宣・北川久・堀江朋彦 編集, 扇和之 編集協力). メジカルビュー社, 2013.

総説

  1. 佐野勝廣:第72回日本医学放射線学会ランチョンセミナー30「やさしく確かな検査を求めて」腹部造影剤CTにおける体重分布をふまえた造影剤選択. Rad Fan, 11 (7): 16-18. 2013.
  2. 佐野勝廣, 市川智章:膵良性~境界腫瘤性病変の画像診断-malignant potentialをもつ病変の鑑別を中心に-. 臨床画像, 29 (4): 462-471. 2013.
  3. 市川新太郎, 本杉宇太郎, 市川智章:C型肝炎治療2014:経口抗ウイルス薬時代の到来 HCV駆除後肝発癌の対策 MR elastographyによる肝線維化診断. 肝・胆・膵, 67 (6): 1053-1058. 2013.
  4. 市川新太郎, 木村一史, 市川智章, 荒木力:膵炎・膵腫瘍の画像診断-稀な疾患との鑑別も含めて-膵内分泌腫瘍. 画像診断, 33 (8): 879-887. 2013.
  5. 大西洋:特集 拡がる放射線治療 企画 序説. 映像情報Medical, 45 (11): 833. 2013.
  6. 大西洋, 中山康弘, 榎本信幸:肝胆膵領域への放射線療法 as of 2013 肝臓領域の放射線療法 肝細胞癌に対する体幹部定位放射線治療. 肝・胆・膵, 67 (2): 253-259. 2013.
  7. 本杉宇太郎:腹部画像診断の今~エキスパートによるポイント解説 肝線維化診断update MRIを用いたアプローチ エラストグラフィだけじゃない! 映像情報Medical, 45 (1): 48-52. 2013.
  8. 本杉宇太郎, 押尾晃一, 黒田輝, 高原太郎, 青山信和, 扇和之:特別座談会 エキスパートが語るさまざまなMRI最先端トピックス~MR安全性の変革期、そしてdiffusionとIVIM、susceptibility tensor imaging~. ROUTINE CLINICAL MRI 2014 BOOK, 映像情報Medical 増刊号 45 (14): 44-64. 2013.
  9. 本杉宇太郎, 山口浩:いま、注目の疾患2014 消化器(症例4) 膵管内管状乳頭腫瘍. 画像診断, 34 (1): 66-67. 2013.
  10. 本杉宇太郎, 若山哲也, 市川智章, 荒木力:特集 拡散MRI-基本から最近の進歩まで- 腹部における拡散MRI-IVIMイメージングをやってみよう-. 画像診断, 33 (7): 743-749. 2013.
  11. 萬利乃寛, 大西洋, 青木真一:Oligometastases、oligo-recurrenceの現況と将来-少数転移・再発癌に対する先進的局所治療の可能性- Oligometastases、oligo-recurrenceへの高精度放射線治療の応用. 臨床放射線, 58 (8): 1053-1058. 2013.

2012

和文論文

  1. 廣瀬準司, 本杉宇太郎, 佐野勝廣, 雨宮良治, 依田芳起:Intravoxel Incoherent Motion(IVIM)イメージングにおけるb値の選択 サンプリング数とサンプリングパターンが再現性に与える影響. 日本磁気共鳴医学会雑誌, 32 (3): 77-84. 2012.
  2. 南部敦史, 大西洋, 澤田栄一, 荒木力, 相川良人, 弓削誠, 佐野尚樹:Multislice CT 2012 BOOK 臨床 肺の呼吸・心電同期 映像情報Medical, 44 (8): 67-74. 2012.
  3. 荒木拓次, 岡田大樹, 木村一史, 澤田栄一, 佐野勝廣, 荒木力:ミリプラチン・リピオドール懸濁液を使用した肝細胞癌の肝動脈化学塞栓療法における有害事象および短期治療効果 シスプラチン・リピオドール懸濁液との比較. IVR: Interventional Radiology, 27 (1): 33-40. 2012.
  4. 前畠良康, 大西洋, 栗山健吾, 尾崎正時, 川崎朋範, 荒木力:化学放射線療法により5年無病生存が得られた骨盤壁に至る巨大膀胱癌の1例. 臨床放射線, 57 (6): 849-852. 2012.
  5. 小宮山貴史, 中村公二, 許山剛, 小松教哉:高齢者非小細胞肺癌の放射線治療成績. 山梨肺癌研究会会誌, 25: 16-20. 2012.
  6. 冨永理人, 大西洋, 栗山健吾, 小宮山貴史, 萬利乃寛, 青木真一, 荒屋正幸, 齋藤亮, 前畠良康, 渡部伊織, 大栗実彦, 佐野尚樹, 尾崎正時, 荒木力:当院におけるGGOを呈する肺腫瘍に対する定位放射線治療の治療成績. 山梨肺癌研究会会誌, 25: 21-23. 2012.
  7. 栗山健吾, 大西洋, 荒屋正幸, 小宮山貴史, 萬利乃寛, 青木真一, 齋藤亮, 荒木力:乳癌に対する定位放射線治療の初期経験. 臨床放射線, 57 (6): 853-860. 2012.
  8. 大西洋, 佐野尚樹, 栗山健吾, 小宮山貴史, 萬利乃寛, 荒屋 正, 青木真一, 齋藤亮, 前畠良康, 冨永理人, 大栗実彦, 小野原幸司郎, 輿石強太, 渡部伊織, 荒木力:放射線治療 体幹部定位放射線治療. RADIOISOTOPES, 61 (1): 33-45. 2012.

著書

  1. 大西洋:I期非小細胞肺癌. 放射線腫瘍学, (日本放射線腫瘍学会, 日本放射線腫瘍学研究機構著). 南江堂, pp.290-295. 2012.
  2. 大西洋:呼吸性移動対策. 放射線治療計画ガイドライン2012 (日本放射線腫瘍学会編). 金原出版, pp.35-40. 2012.
  3. 佐野勝廣,本杉宇太郎,市川智章,小野原幸司郎,曺博信,森阪裕之,Ali Muhi,荒木力,小松信俊,雨宮史武,榎本信幸,松田政徳,藤井秀樹:EOB造影MRIの肝細胞相で低信号を呈する乏血性結節の転帰-多血化リスク因子についての検討-. 第17回 肝血流動態イメージ研究会 記録集(角谷真澄監修). 株式会社嵯峨野, pp.31-34. 2012.
  4. 佐野勝廣,藤井秀樹:Ⅱ章 肝胆膵の画像診断. 消化器外科学レビュー2012 -最近主要文献と解説-(渡邊昌彦, 國土典宏, 土岐祐一郎監修). 総合医学社, pp.246-250. 2012.
  5. 石亀慶一:脱髄・代謝・中毒 放射線壊死. よくわかる脳MRI 第3版 画像診断別冊, pp.514-515. 2012.

総説

  1. 市川新太郎, 本杉宇太郎, 市川智章, 荒木力:肝臓の線維化 診療の進歩 MR Elastography. 肝・胆・膵, 65 (2): 311-318. 2012.
  2. 市川新太郎, 本杉宇太郎, 市川智章, 荒木力:MR elastographyによる肝線維化診断. 臨床画像, 28 (12): 1452-1453. 2012.
  3. 市川新太郎, 曺博信, 市川智章, 荒木力:膵疾患診断におけるMRIの役割. 肝胆膵画像, 14 (2): 131-139. 2012.
  4. 市川新太郎, 本杉宇太郎, 市川智章, 荒木力:MRIによるチャレンジ&ポテンシャル MR elastographyの有用性と位置づけ 肝線維化診断を中心に. INNERVISION, 27 (5): 26-29. 2012.
  5. 本杉宇太郎:advanced MRI/CTの臨床応用と近未来 肝MR elastography. 画像診断, 32 (6): 520-525. 2012.
  6. 大西洋, 荒木力:I期非小細胞肺癌に対する定位放射線治療の臨床研究のレビュー. 肺癌, 52 (2): 168-173. 2012.
  7. 廣瀬準司, 本杉宇太郎, 佐野勝廣, 雨宮良治, 依田芳起:MRIをうまく活用する6 再び注目され始めたIVIM-DWI 概要と再現性について. Rad Fan, 10 (5): 15-18. 2012.
  8. 本杉宇太郎, 熊谷博司:MR学会2012-in 京都 放射線科医と診療放射線技師の印象記. Rad Fan, 10 (13): 106-107. 2012.
  9. 佐野勝廣, 市川智章:Step up MRI 2012 機能評価と機能画像の架け MRガイド下低侵襲治療の最新動向 MRガイド下集束超音波療法(MRgFUS). INNERVISION, 27 (9): 62-63. 2012.
  10. 本杉宇太郎:肝細胞癌のすべて2012 肝発癌の予測 MRエラストグラフィによる肝線維化診断. 肝・胆・膵, 65 (6): 1049-1053. 2012.
  11. 南部敦史, 斉藤彰俊, 荒木力, 小澤克良:呼吸器感染症の画像診断 ②市中肺炎-非定型肺炎:マイコプラズマ,クラミドフィル,ウイルス肺炎. 呼吸, 31 (8): 716-21. 2012.
  12. 大西洋:診療報酬改定-病院はなにをすべきか 改定の意味を病院から問う 放射線治療実施施設への影響と今後の治療内容への展望. 新医療, 39 (6): 114-117. 2012.
  13. 佐野勝廣, 市川智章, 本杉宇太郎, 松田政徳, 藤井秀樹, 中野雅行, 坂元亨宇, 榎本信幸, 荒木力:早期肝細胞癌の画像診断update 早期肝細胞癌の画像診断 EOB-MRI 切除標本との対比. 肝胆膵画像, 14 (4): 319-323. 2012.
  14. 大西洋:特集1 放射線治療の新時代 序文. Rad Fan, 10 (13): 30. 2012.
  15. 佐野勝廣, 市川智章, 荒木力:膵臓の画像診断update 膵疾患におけるMRI拡散強調像 質的診断について. 胆と膵, 33 (7): 603-607. 2012.
  16. 南部敦史, 荒木力:感染症のCT診断:早期に診断し、治療する感染症のCT診断. 臨床画像別冊, 28 (4増刊号): 30-41. 2012.

 

2011

和文論文

  1. 佐野勝廣, 市川智章:All About Gd-EOB-DTPA MRI 乏血性肝細胞癌診断におけるGd-EOB-DTPAの有用性. 臨床画像, 27 (3): 296-301. 2011.
  2. 大栗実彦, 大西洋, 栗山健吾, 青木真一, 齋藤亮, 荒屋正幸, 前畠良康, 萬利乃寛, 小宮山貴史, 佐野尚樹, 山根徹, 近藤哲夫, 荒木力:I期非小細胞肺癌に対する定位放射線治療後に剖検で病理学的CRを確認された2例. 山梨肺癌研究会会誌, 24: 21-24. 2011.
  3. 大西洋, 荒木力:Radiotherapy Today 2011 放射線治療最前線 高精度放射線治療の適応と成果、そして課題 高精度放射線治療の適応と課題 疾患別の検討 肺がんの最新放射線治療 定位放射線治療 意義から適応・成果・課題まで. INNERVISION, 26 (3): 42-45. 2011.
  4. 冨永理人, 大西洋, 南部敦史, 澤田栄一, 輿石強太, 梅田貴子, 青木真一, 栗山健吾, 佐野尚樹, 加藤聡, 佐藤葉子, 荒木力:胸部の最新画像情報2011 原発性非小細胞肺癌の定位放射線治療前の201Tl-SPECTおよびFDG-PET所見と局所再発の関係. 臨床放射線, 56 (1): 45-51. 2011.
  5. 川井田博充, 松田政徳, 細村直弘, 雨宮秀武, 河野寛, 市川智章, 山根徹, 藤井秀樹:後腹膜原発多発性神経節神経腫の1例. 日本臨床外科学会雑誌, 72 (10): 2703-2707. 2011.
  6. 市川新太郎, 山本琢水, 谷尾宣子, 松山緑, 福地一樹, 中島信明, 鈴木誠:腎細胞癌胆嚢転移の1例. 臨床放射線, 56 (9): 1143-1149. 2011.
  7. 中村誠, 犬飼岳史, 赤羽弘資, 黒田格, 宇野佳奈子, 根本篤, 合井久美子, 毛利成昭, 蓮田憲夫, 高野邦夫, 大西洋, 杉田完爾:早期再発にもかかわらず長期に生存している未分化神経外胚葉性腫瘍(PNET)の1例. 小児がん, 48 (1): 12-16. 2011.
  8. 前畠良康, 大西洋, 栗山健吾, 青木真一, 荒屋正幸, 齋藤亮, 荒木力:肺癌に対する定位放射線治療前後の免疫応答. 山梨肺癌研究会会誌, 24: 29-33. 2011.
  9. 佐野尚樹, 大西洋, 荒木力, 川上秀之:放射線治療Up to Date 2011 Clinical Report放射線治療用補助装置  アブチェスのデジタル化と音声通知. Rad Fan, 9 (5): 63-65. 2011.
  10. 森阪裕之, 中島寛人, 佐野勝廣, 市川智章, 荒木力, 小山敏雄:膵漿液性嚢胞腺腫の1例. 臨床放射線, 56 (2): 269-273. 2011.

著書

  1. 山本琢水, 市川智章:救急におけるX線学的診断法の使い方、読み方. 消化器Bookシリーズ07 緊急時に迷わない!消化器症状への救急対応~急性腹症・消化管出血などの押さえておくべき診療戦略~(藤田直孝編). 羊土社, 2011.
  2. 奥村彰浩, 市川智章, 荒木力:画像診断 下大静脈病変のCT, MRIによる画像診断. 下大静脈にかかわる病態を見直す. 臨床外科, 66 (9): 1153-1158. 2011.
  3. 佐野勝廣, 市川智章:疾患 肝・胆・膵、消化管 主要疾患の診断. 画像診断update 検査の組み立てから診断まで (大友邦編). 日本医師会雑誌, 140 (特別1): S258-S263. 2011.
  4. 市川新太郎, 本杉宇太郎, 市川智章, 荒木力:肝門部胆管癌 診断 肝門部~肝内胆管癌 臨床消化器内科, 26 (13): 1713-1719. 2011.
  5. 市川新太郎, 市川智章, 荒木力:胆道疾患に対する新たなMRI診断. 見直される胆道がん診療の新展開 肝・胆・膵, 62 (6): 1015-1024. 2011.

総説

  1. 本杉宇太郎, 市川智章, 荒木力:C型肝炎のすべて2012 HCVと発癌 MR Elastography. 肝・胆・膵, 63 (6): 1037-1044. 2011.
  2. 加藤聡, 市川智章:Experts’ Reading Cafe(第3回) 各シチュエーションでのEV Insite R. Rad Fan, 9 (4): 94-95. 2011.
  3. 本杉宇太郎, 池長聰, 市川智章, 荒木力:MRエラストグラフィ 本邦における初期知見. 映像情報Medical, 43 (14): 72-77. 2011.
  4. 森阪裕之, 曺博信, 本杉宇太郎, 佐野勝廣, 市川智章, 荒木力, 相川良人:Multislice CT 2011 BOOK 臨床 320列面検出器を用いた全肝perfusion imaging 当院のプロトコル、被ばく低減の試み、非肝硬変と肝硬変患者の比較. 映像情報Medical, 43 (8): 73-77. 2011.
  5. 大西洋, 佐野尚樹, 荒木力:これだけは知っておきたい! 放射線療法Q&A 基本知識と最前線 最新の放射線治療 画像誘導放射線治療. がん治療レクチャー, 2 (1): 42-47. 2011.
  6. 本杉宇太郎:肝臓MR Elastography 本邦における臨床使用経験と今後の展望. INNERVISION, 27 (1): 68-69. 2011.
  7. 曺博信, 市川智章, 佐野勝廣, 荒木力, 相良良人:肝造影CTにおける至適造影剤用量および濃度. 映像情報Medical, 43 (2): 162-165. 2011.
  8. 本杉宇太郎:肝特異性MRI造影剤再入門-エビデンスに基づくEOB造影MRI検査-. 画像診断, 31 (10): 1078-1093. 2011.
  9. 荒木拓次:左腎静脈から始まるIVRのための後腹膜静脈の解剖 左副腎静脈サンプリングからBRTOへ. 画像診断, 31 (6): 616-629. 2011.
  10. 大西洋:肺がんの放射線治療. ラジオロジー, 16: 1-5. 2011.
  11. 本杉宇太郎, 市川智章, 荒木力:腹部領域をみる 最新の画像診断トピックス MRエラストグラフィ. 映像情報Medical, 43 (1): 32-36. 2011.
  12. 本杉宇太郎, 市川智章, 荒木力:膵疾患画像診断における最近の進歩 膵疾患におけるMR拡散強調像 有用性、限界と新たな展開. 膵臓, 26 (1): 72-78. 2011.