子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓療法

UAE – 子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓療法

子宮筋腫は、30歳以上の女性の20%以上にあると言われている良性腫瘍です。良性腫瘍なので、すぐに治療が必要なわけではありませんが、月経時の大量出血や貧血、痛み、腫瘤による圧迫症状などがある場合に治療が行われます。治療は、ホルモン療法と外科的手術が一般的におこなわれていますが、新しい治療法として最近期待されているのがUAEと呼ばれる子宮動脈塞栓療法です。
UAE(子宮動脈塞栓療法)は、血管に細い管(カテーテル)を挿入して、子宮筋腫に栄養分を送る動脈(子宮動脈)を閉塞します。子宮筋腫に対する兵糧攻めです。これにより子宮筋腫が衰え、症状が改善します。欧米を中心に普及し、すでに数万例以上のUAEが行われています。日本でも1997年頃から導入され、普及し始めています。
これまでの報告によると、UAEにより過多月経や月経時痛の90%が改善しており、貧血も数カ月で改善しています。この改善は主に筋腫の体積の減少によるもので、筋腫は半年-1年で半分から1/5程度に縮小します。UAE後、新たな筋腫の発生や再増大の報告はほとんどありません。出産に関しては、UAE後に無事出産された方も多数いますが、まだ、不明な点が多く、出産を希望する方に関しては、適応が限られます。
山梨大学医学部放射線科でも2002年からUAEを開始しています。現在、日本ではUAEについては保険が適用されておらず、自費となります。4-5日の入院で40万円ほどの金額が必要となります。実際の治療状況、治療内容などUAEのことが詳しく知りたい方は、山梨大学医学部放射線科(内線2382)
荒木拓次(taraki@yamanashi.ac.jp)まで連絡ください。とりあえず説明を聞いてみたいという方も気軽に尋ねて下さい。詳しく説明いたします。

症例

塞栓前骨盤動脈造影

塞栓前骨盤動脈造影

骨盤造影では発達した子宮動脈(矢印)が認められた。

左右子宮動脈造影

左右子宮動脈造影
左右子宮動脈造影では、筋腫の強い染まりが認められた。

塞栓後骨盤動脈造影

塞栓後骨盤動脈造影
塞栓後骨盤動脈造影では、子宮動脈が消失した。

UAE前後のMRI

UAE前後のMRI
術後10ヶ月で、筋腫の体積は約30%(縮小率70%)になった。